やっさんの、小さな毎日

ささやかな日々のくらし

陶の郷(すえのさと)

楽しみにしていた、陶芸体験。

陶の郷(すえのさと)へ。

到着してまず、自然に癒されます。

いざ、体験教室へ。

たーっぷり時間をかけて。

先生もめちゃくちゃ優しくて丁寧に教えてくれます。

小鉢に平皿、大皿にコーヒーカップ、抹茶碗にウルトラマン···?

こどもが希望した陶芸教室やったけど、案外夫がハマって。

それぞれに、最後までこだわりの作品作り。

2ヶ月後、楽しみー!

お土産に、何か欲しいもの買いや~と夫が言ってくれるので。

では遠慮なく、ティーカップお願いします~。


陶芳窯

夫のコーヒーカップ


昇陽窯

こどもが希望の小鉢。


丹京窯

小鉢って!何入れんの?と聞いたら、

お菓子入れんねん!

やってさ。

それぞれの一息タイムが、すてきなものになりますように!

雨の休日

雨、降ってるなぁ。

どこに行く?とこどもに聞いたら。

「カフェにいこっか」とのこと。

私への気遣いかしら?

ごめんね、でも嬉しい!ありがとう~

フルーツタルトも、レモンのケーキも。

とーっても、美味しかったです。

ティッシュケースをちくちくと

我が家のお風呂、洗面所、共にとーっても狭い。

セリアで買ったティッシュケースも気に入ってたけど、高い場所にあると圧迫感?

壁掛けにするのはどうかな。

ちくちく、あるものを適当に縫って作ってみました。

コンパクトで、なかなか良いかも!

棚の一番上は、何も置かずにスッキリと。

結構、気に入っています。

深まる秋、お茶を頂く

紅葉が美しい季節になりました。

万博記念公園では、夜のライトアップと共に

汎庵では、お抹茶が頂けます。

和ろうそくのもと、なんとも幽玄な雰囲気で。

ゆっくりと、癒されます。



一歩出れば、紅葉は盛大にライトアップ。

見どころがありすぎて。

溢れるほどの紅葉に、すっかり満たされた秋の夜になりました。

歯医者のあと、母と会う

歯医者の検診のあと。

母と食べるお好み焼き。

うまままー!

そして食後のティータイム。

話すネタは尽きることなく。

亡くなった父のことを愛情深く語る母は、 

なーんか乙女やなぁ。

そして毎度の決めゼリフ。

「おとうさん、なんで死んだんやろ?」

また来月も、女子会しよ!

冬を感じる一椀

夫のお誕生日、

「なんかケーキ焼こか?」

と聞いたら、

「ケーキなんか食べたくない!絶対に、ぜんざいで!」

という力こもるリクエスト。

深むし茶と、ふじっ子の塩昆布と。

「誕生日きたって感じやな~。冬って感じやな~」と、

夫はしみじみと堪能しておりました。

夫の好みでお塩は入れず。お砂糖は、レシピの7割弱ぐらいです。

私が作ったもので夫が季節を感じるって、他人の私たちやけど、家族になったんやな~。

なんか、しみじみ、な冬の朝。